2月24日・25日(羽島郡大会)

2月24日(土) 13:30~長中グランド→16:00~18:15長中体育館

 25日(日) 8:15~ 羽島郡大会 笠松総合会館
 9:25~ 9:45 長森10- 9羽島
 個人:ウチ3/5、ユウト2/4、マツ2/5、タケ0/1、コウ大1/6、ウメ2/2、GKミシマ3/12
11:05~11:25 長森12- 6養老東部
 個人:ウチ5/8、ユウト3/6、マツ1/3、タケ2/3、コウ大1/4、ウメ0/0、GKミシマ2/10
12:00~12:20 長森8(7-7,7mC1-2)9高富
 個人:ウチ2/2、ユウト0/1、マツ3/8、タケ1/1、コウ大1/1、ウメ0/1、GKミシマ6/13
評)①四日市以降、DF連携ができ始めた中、実力を計るには良い機会。
  羽島には5~6点差で負けと見ていたが、初戦のアップ不足もあってか、五分の試合。
  羽島の揺さぶりにも耐え、高いプレスDFをなんとかしのぎ、残り1分で完全にやられた
  右(DF左)サイドシュートをミシマがファインセーブし、ターンの攻撃を決めて1点差逃げ。
  DFの実力は上がってきたことを証明できた。
  ②養老東部はこちらが格上、危なげなくゲームを進め勝ち。
    攻守に渡って活躍したユウトとタケが目立った。
  ③高富も実力的には上で序盤から5-1とリード。ただ、チャレンジするプレイもあって
   4点差→2点差を繰返し終盤を迎えると、逃げ切るスタミナ不足から、ミスを拾われて
   同点に追いつかれ、7mコンテストで敗退。
 総:ユウトは意識がガラリと変わって、できる範囲に目標を置き、それ以下の結果の言い訳
   を考えながらプレイしていたのが、結果を求め、できないところへ目標を置き、最大限の
   プレイに専念するようになった感じがする。
   DFできっちり守り、タケがカット、速攻でマツダが決めた場面でガッツポーズをとった。
   攻撃で結果が出なくても、DFで頑張るといった意識の切換えとチームとしての割り切り
   ができるようになった。(リョウトの穴埋めを十二分に果たしていた)
   反対に、マツダはまだ脱却できていない。
   高富戦後に、調子の悪かったのを腰を打ったせいにしていたが、それが口に出る時点
   で、目標が今できることの範囲においているということ。
   目標が現状である以上、100%以下の結果しか得られない。
   高いレベルでプレイしようと意識していれば、結果が悪くても切換えが早いし、頑張れる
   ところはいっぱいある。…結果だけが求められる年。
   そういった点では、脳を暴走させあらゆるデータを取込み考え、その中から選択すれば、
   見違えるプレイが出てくる。(感情は暴走してはロクな結果にならない)
   脳を暴走させる(フル回転)こと…かっこ良くいうとゾーンに入る。
   個の責任もあるが、チームに委ね、個がだめな時は即誤れば、チームが何とかして
   くれるくらいの思いで臨めば、もっと楽にプレイできるはず。
   (今回はプレイが消極的になってしまったシーンが多かった)

 9:50~10:10 長森南6-11緑陽
 個人:③-1/5、④-0/0、⑤-2/2、⑥-0/1、⑧-0/0、⑨-1/3、GK7/18
    :マツ2/3、アダチ0/0、ホシ0/1、カサイ0/0
10:40~11:00 長森南6-11高富
 個人:③-4/8、④-0/0、⑤-0/1、⑥-0/0、⑧-0/1、⑨-0/0、GK14/26
    :マツ2/6、アダチ0/3、ホシ0/1、カサイ0/0
12:25~13:00 長森南16(8-13,8-13)25養老東部    
 個人:③-4/5、④-1/2、⑤-2/4、⑥-2/6、⑧-0/0、⑨-1/3、GK8/33
    :マツ6/13、アダチ0/1、ホシ0/2、カサイ0/0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

麒麟

Author:麒麟
♂ A 178

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク